オーガズムと女性心理

オーガズムと女性心理

オーガズムを知っている女性と知らない女性とではその精神構造や行動心理に大きく差があります。

女性は本当のオーガズム状態のときには、自分自身で体を動かすことができないほどの衝撃があります。

その状態は一度イッタらまたすぐにイクというほどの強烈な快感で意識が飛ぶこともしばしばあります。

それほど大脳からホルモンや快楽物質が分泌されます、その影響はイクという快楽だけにとどまらず、体内のホルモンバランスを整え、しかも脳内のストレスを取り除く作用もあります。

オーガズムを知ってしまった女性は基本的に女としての自信があり、行動心理が前向きでいきいきとしています。

さらに精神面でも小さなことにくよくよせず、ストレスがたまりにくい考え方の持つ女性が多いです。

女性は何歳になっての男性次第でオーガズムを感じることのできる女になることができます。

オーガズムについては100人100様です。絶叫するほどの快感が何度となく押し寄せてくるので、人によっては脳がパニックに陥って失神することもあります。

この失神については現代医学でもまだ解明されてはいませんが、死ぬほどの恐怖や、死に至るほどの激痛などで失神が起こるように、セックスでの猛烈な刺激や興奮が一定レベル以上になると、脳神経が絶えることができないと判断してシャットダウンして失神が起こるのではないかと考えられています。