男性の理不尽な誤解

男性の理不尽な誤解

男性の女性心理に対する誤解が大きな傷を負わせることがあります。

 

ある女性は会社を経営している人と結婚して、家事をこなしながらも家業を手伝っていました。

 

ワンマン社長だったため、会社内での妻への対応もほかの社員と変わらないもので、そこには不満はなかったのですが、それが家庭に入っても同じ対応になってきました。

 

必ず上から目線で、何もかもが命令口調、それだけならまだ耐えることができたかもしれませんが、その旦那は社員と不倫してそれが妻にも発覚。さらにその不倫した社員が妻が信頼していた直接の部下だったのです。

 

発覚のきっかけは、妻の携帯に不倫相手からの旦那あてのメールが間違って配信されてきたことでした。それを見た日はショックで食事ものどを通らず、眠ることもできませんでした。

 

今まで妻として母として献身的に尽くしてきたのに、旦那からの一方的な裏切りに、受け入れるのが難しいほどの苦しみでした。

 

それ以外にもこの女性を傷つける旦那の性生活がありました。

 

普段から命令口調で話してくる旦那でしたが、夫婦生活でもその対応は変わらず、だんだんと自分だけの欲求を満たすためにしているんだと女性の方もそう考えるようになりました。

 

それでも逆らうことができず、最終的には旦那は家にある内線電話で妻を呼びつけて、自分はベッドの上であおむけに寝転んで、妻に指示するだけの愛情のかけらもない夫婦生活でした。

 

その間妻はただ痛みに耐えているということを旦那の方は全く気が付いていないどころか、妻は喜んでいると勘違いしていたのです。

 

このような例は、極端ですが、すべての男性にこの旦那のようになる素質はあります