高齢者女性の性意識

高齢者女性の性意識

高齢者も性行為には興味があるのです。そのことは実はここ最近になって言われ始めるようになったことです。

 

高齢者の性生活に関する報告をしらべてみると、「中高年を対象とするアンケートによる45歳以上の性的態度と慣行の研究」でどの年齢においても、女性より男性の方が性行為を重視している。また、男性はほぼ60%、女性は35%が、性行為が自分の全体的な生活の質にとって重要だと考えているのです。

 

この研究の重要な結果としては、ほかに決まったパートナーのいる高齢者の70%が、月に少なくとも1回は性行為をしていて、75歳以上は5%の人がしている。

 

また、反対意見としては、女性の35%以上に人たちが、もう二度と性行為をしなく手も困らないと回答しています。

 

50代までの女性では、このような状況に楽観的だったのはわずか10%で、さらに、女性より男性の方がパートナーのいる比率が高く、60歳以上の女性の半数以上が一人暮らしであることから高齢者に大きなパートナーギャップが存在することも、この調査では明らかになりました。

 

このデータは、高齢者の声を理解するための広い背景を提供する。たとえば、女性は夫がなくなった時点で性生活が終わったという人がほとんどです。さらにほとんどの高齢女性が、自分たちにとって性行為はそれほど重要でないと発言し、しかも同じぐらいの人々が、二度と性行為がなくても満足して生活することができると主張しているというのです。

 

つまり、多くの高齢女性は、高齢男性ほど性行為に興味がないことがわかったのです。しかし、反対に、女性の中にも今も性欲があり、自分についてこれないのは男性の方だという人もいます。

 

 

こういった女性の多くが、女性は性的満足に関心を持つべきではない、そして男性の快楽を過度に気にする必要なないとされていた時期に成人に達したと言う点を知っておかないといけません。

 

この時代の女性にとって、性行為とは、表向きには子供を作るための行為でしかなかったのです。60歳以上の女性は、ほかの世代の女性とは大きく異なった性的・社会的韓環境に直面したのです。

 

しかし、今では避妊やバイアグラが当たり前の時代となり、その時代の女性たちとの性的な価値観が違うのは当たり前でしょう。

 

新しい形で性に関する興味を定義しているのですから。