ハゲとインポはどうしようもない

ハゲとインポはどうしようもない

昔から言われている男性の大きな悩み「ハゲ」と「インポ」ですが、今では様座な完全方法が作る出されてきています。

 

ハゲに関しては、毛生え薬などの高性能なものが登場しているし、カツラの技術も進歩しており、本物と見分けがつきません。

 

インポに関してはバイアグラなどが登場していますが、この薬は飲んだ時だけに聞くものでインポそのものを治療してくれるわけではありません。インポの治療薬はいかんせんないというのが現状です。

 

また、媚薬広告などを見かけることが増えてきましたが、どれも男性の性的本能をくすぐるものばかりで興味は尽きなものです。多くの男性が「こんなもの効くはずがないけれど、ひょっとしたら」と考えてしまうのです。

 

ある会社の同僚男性同士の会話では
「最近、夫婦生活してるか?」
「女房とか、ぜんぜんないね。月に1度あるかないかだね」
「した時には、何回ぐらいする?」
「最近は、遅漏気味だから、1回が限界だよ」
「朝立ちは?」
「朝立ちなんて、ここ最近全くないね」
「それって、インポの前兆じゃないの」
「そうなの?やばいかな」

 

このようなストーリーはどこの会社でも、話されていることではないでしょうか?性生活、中高年の買春というテーマは男性にとっては切実なものなのです。

 

しかし、この悩みについて大きな解決策がないのが現状です。

 

巷に流れている、買春グッズ、媚薬、大人のおもちゃなどのカタログに目が行くのはこのように自分の性能力に自信がない人たちが多いのです。